読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

良いドラマーになるためのブログ

【プロドラマー・ドラム講師たいこもちのブログ ドラムネタは意外と少ないかも】

またか…

元教え子の一人がそれほど深い考え無しにfacebookでシェアしていた某ブログの記事。


これ


彼には「シェアは慎重にね」というコメントを付けさせてもらった。




それにつけても




またか…



と、思う。



まず


福島の事故以降奇形魚が増えている


というのは




このブログ主の印象




でしかない。


基本伝聞や雑誌の記事に基づいた事実(らしきもの?)に、自分なりの感想を述べているだけであって


実際に奇形魚が増えている
それが放射能の影響である


という事実は確認されていない。



こういったブログが悪質なのは、それをさも事実であるかのように印象付けてたれ流すから。


そのくせ自分では何も断定せず


『完全にアレの影響でしょう?』と書いた他人のブログを引用したりして放射能との関連をほのめかす姑息さ。


ブログの内容に直接関係ない奇形魚の画像をちょこちょこ織り交ぜて誤読を誘う狡猾さ。


あとで叩かれても「自分はそういう事実があると紹介しただけで断定はしていない」といつでも逃げられる準備だけは怠りない。


この手の


怪しげな話をさも真実かのように広める行為


が何度繰り返されるのか。


放射能関連の話題は非常に慎重に扱わなければいけないデリケートなもの。


勝手な思い込みや決めつけて安易に広めていい話ではない。


人の生活がかかっている。
人の命がかかっている。


デマで人が死ぬこともあるのだ。


危険性があるのだから警告しているのだ!


警告は必要だ。だが危険性があれば事実だろうがデマだろうがどんな情報でも流していいということには決してならない。


危険性は放射能に限らず我々を取り巻く全てのものに存在する。重要なのは「危険かどうか」ではない。「どの程度危険なのか」だ。


そのためにもとにかくまずはきちんとしたデータを示す。


奇形魚というテーマを取り上げるのであれば放射能と奇形魚の増加の関連を示すデータを提示する。


そのデータは意図的に自分達に都合良くまとめられたものではなく、誰が見ても納得を得られるデータでなければならない。


最低限それくらいのことをしてから、自説なりなんなりを展開させていただきたい。


ブログ主の根拠となっているものは


伝聞
他人のブログの引用
週刊誌の記事の引用


だけ。




データはどこ?(笑)




だって東電はデータを隠すじゃないか
国はデータを改ざんするじゃないか

じゃああなたが信じられる「正確なデータ」ってのはどこのなんという組織が出したデータ?


海外のなんちゃらっていう研究機関のデータね。
はいはい。


それはどういう組織が運営しているの?
そこは信頼できるの?
政治的な影響とか受けていないの?
特定の思想を持ってデータを都合よく解釈してない?
データが改ざんされていないという根拠は?

せめてこれくらいのツッコミに耐えられるくらいのデータを提示してからブログを書いて欲しい。



真実を探すブログ?


ネットで拾える程度のヨタ話を集めて得意気に披露して何が真実だ。




わ・ら・わ・せ・る・な!




人間というのは意味づけをしないと不安でしかたない生き物なんだ。


奇形魚を見たらそりゃ誰だって薄気味悪い。
原因が分からなければなおさらだ。


だから自分達が腑に落ちるようなもっともらしい原因を見つけてくる。


そういう時にこの「放射能」というのが今は格好のネタなんだな。


今だったらなんでもこれに結びつければつじつまがあうような気がする。


でもそれは事実では無く、あくまで自分の勝手な思い込みだ。自分の心を納得させるためにそう思いたいだけの話だ。


このブログにも書いてあるけれど奇形魚は元々自然界に一定数存在する。


長く釣りや漁をしていれば何匹かは引っかかるもの。


たまたま連続して釣り上げた人
今年になって初めて釣り上げた人

そういう人達に絞って話を聞けば奇形魚が増えたのかも、と感じるのも無理はない。


けれど一方で


俺は奇形魚なんて全然出会わないよ
一回も釣ったことない
以前より増えたという印象は無いなぁ


という人もいる。


そういう人達に絞って話を聞けば真逆な印象を持つ。


だからこんな程度の低いトリックに引っかからないよう是非しっかりとしたメディアリテラシーを持って欲しい。ネットは本当に玉石混淆だから。



ところで…


ブログを書く人にはいろいろなタイプの人がいる。


趣味としてブログを書く人もいあれば、ある意図をもってブログを書いている人もいる。


それは商売だったり思想的なものだったり政治的なものだったりするかも知れないが、当然ブログの内容は自分の意図を後押しするようなものになる。


さてこの「真実を探す」というブログの主はどうだろう。


この人は純粋に正義の心から書いてるんだよ。
東電や国が隠す都合の悪い真実を暴く国民の味方だよ。

そうかも知れない。


ただ、それにしちゃ





アフィリエイトのバナーの数がハンパねーな(笑)。




エラく商売っ気丸出しに感じるのだが。


ブログ主さんだって生活があるんだよ。
バナーを貼ることで多少収入の足しにしようとして何が悪いんだ。


ん?




別に全然悪くないし。




アフィリで稼ぐこと自体は好きにやればいいと思う。


ただ、もし…


正義の味方面しておきながら
実はバナー踏ませるために
ウソかホントか分からない記事を書いて
不安を煽っている


のだとしたら、





最低の○○○○だな。(すいません、自粛します^^)



繰り返すけど放射能関連の話題はみんな神経質になっているんで慎重に扱わなければならないんだよ。


安全神話を振りかざすことも間違いだけど、デマを振りまくことも絶対にしちゃいけない。


デマで人が死ぬこともあるんだよ。


ブログで商売をするのもいいが、ウソを流したり、ありもしない危険を煽ってそれで金を稼ごうというやり方は絶対に受け入れないし、社会的にも許されるべきではない。


今回のこの奇形魚の件はある程度事実関係がハッキリするまでは脊髄反射的にシェアするのは控えよう


必ずこのネタに反論する意見がこれからどんどん出てくる。


それら全てに目を通して「どうやら真実らしいぞ」と明らかになったら、それから広めたって遅くはない。


この「真実を探す」ブログの内容が嘘であると言っているのではない。


真実かどうかわからないうちから勝手に決め付けて騒ぐのは止めようと言っているんだ。



■追記
回転寿司のネタに奇形魚が混じっているという話。

これもまず最初にきちんと事実関係を明らかにすべき問題。

「どこかの漁師さんがネットラジオで告発したらしい」

だけで事実認定は出来ない。

ウソを言っている可能性もあるし、なんらかの意図をもって話を誇張している可能性もある。


勇気を持って告発した人を疑うなんてひどい!

そういう『告発者は絶対に正義』みたいな思い込みがダメなんだよ。

そうやって決めつけてかかると判断に一定のバイアスがかかるから絶対に避けなければいけない。

会社をクビになった腹いせに怪文書ばら撒いて告発するなんてのは昔から珍しくないよ。

思い込みや決めつけを捨ててフラットな視点で粛々と事実を積み上げる。

そこで事実関係が明らかになり解決すべき問題があれば適切に対処する。

政治家の答弁みたいになっちゃったけど(笑)、実際それしか出来ないのだから仕方ない。

外野が事実とウソと噂話をごちゃ混ぜにしてワーワー騒ぐと、余計事態の収拾に時間がかかるから控えましょう。