読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

良いドラマーになるためのブログ

【プロドラマー・ドラム講師たいこもちのブログ ドラムネタは意外と少ないかも】

DEEP PURPLE ライブを見てきました

音楽

武道館でDEEP PURPLEのライブを見てきました。


カミさんがなぜか気を利かせてコープ(生協)でチケットを申し込んでくれて、運良く当たったのです。


しかし2階席で10000円か…。
若干痛い。


ま、それはそうとライブ自体は楽しめました。イアン・ペイス師匠の元気な姿も拝めましたしね。

往年の勢いというか、さすがにカリフォルニアジャム時代のスピード感は無くなりましたが、65歳という年齢にもかかわらずそのスティックさばきは健在。細かいシングルストロークのフィルをこれでもかとキメてくれたので、ドラム小僧に戻って顔がニンマリしてしまいました。

ちょっと意外だったのは比較的新し目の曲を多くやったことです。もうDEEP PURPLEクラスになったら往年の名曲を並べるだけでファンは満足してくれると思うのですが、そのあたりは「俺達は現役だぜ」というプライドなんでしょうかね。

ま、新し目の曲も結構カッコ良かったので聴いていて楽しかったですけど。

あとは結構ギタリストのスティーブ・モーズをフィーチャーしていましたね。まぁイアン・ギランの休憩タイムも兼ねているんでしょうけど(笑)、スティーブはなかなかの良い扱いでした。

彼はリッチーのプレイは全然なぞる気は無くて、音色もいまどきのハイパーな感じで攻めていました。私は元々リッチーはあまり好きなギタリストではないので(ソングライターとしては天才だと思う)スティーブ・モーズが加入して嬉しいんです。今のパープルには合っている気がします。

それからキーボードのドン・エイリー!!

もう本当に素晴らしかったです。メチャクチャ上手いし、音色も「この人は分かってるな〜」という音でロックキーボードのお手本のような人でした。キーボードソロであれほど盛り上がったことは過去なかったです。

ものすごい楽しいライブでしたが唯一の心残りは


Highway Starをやってくれなかった…

一番聴きたかった曲だったんですけどね。

アンコールでテンポの速い8ビートになったので、「これは絶対やってくれる!」と期待したし、会場もそういう雰囲気だったのですが、やったのはベースソロで(笑)、そこから別の曲に移ってしまったガッカリ。

聴きたかったなぁ。

あと放送の関係などもあったのでしょうが、トータル1時間45分という非常にコンパクトなライブでした。あと4〜5曲は聴きたかったなぁ。

ちょっと物足りなさもありましたが、生きているうちに彼らの勇姿が見られて良かったです。それとやっぱりたまには大きな会場でライブを見ないとダメだと実感しました。

次は誰のライブに行こうかな。


■追記
メインの二人について触れていなかったことに今更気づいた(笑)。

イアン・ギランは結構声は出ていたと思います。渋いオヤジになっていてカッコ良かったです。ロジャー・グローバーは相変わらず衣装もカッコ良くてダンディーで素敵でした。プレイも派手さはないけれど、堅実で素晴らしいベースプレイヤーでした。