読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

良いドラマーになるためのブログ

【プロドラマー・ドラム講師たいこもちのブログ ドラムネタは意外と少ないかも】

スティックの材質について

スティックの材質としては

 

ヒッコリー

オーク

メイプル

バーチ

その他の素材

 

があります。

 

一番ポピュラーなのはヒッコリー。それに次いでオーク、メイプル、バーチという順でしょうか。

 

素材についてはそれぞれ良し悪しがありますから叩いてみて感触が良いものを使えばいいと思います。ただ、最初はやはりヒッコリーをおすすめします。

 

ヒッコリーが好きなのは折れるまで結構粘ってくれるから。

 

スティックを使っていくうちにシンバルを叩いてショルダーが削れてきます。オープンリムショットによってスティックの中央部分がささくれだってきます。

 

そして「もうそろそろ折れそうだな」という時期を経てボキッと折れます。

 

ですから折れるまでの心構えがある程度できる素材です。

 

一方オークはあまり前兆がなく、たいして使い込んでいないスティックでもいきなりバキッと折れます。

 

あれは心臓に悪い(笑)

 

なので結局ヒッコリーのスティックを選択することが多いです。

 

ただ、一口にヒッコリーと言ってもメーカーごとに折れやすさに差があることが分かりました。

 

ここ最近使っていた某国産メーカーのヒッコリーのスティックは結構頻繁に折れるんです。そんなに力を込めているつもりは無いのですが、リハで折れ、個人練習でも折れる…。

 

昨日は久しぶりに以前メインで使っていたプロマークのヒッコリーのスティックで演奏してみたのですが、これがもう全然折れない。新品じゃないのに6時間のリハの間、1セットだけで済みました。

 

同じヒッコリーでもメーカーによって産地も違うだろうし、加工の仕方も違うでしょうから、当然折れ方も違うんでしょうけど、ここまであからさまに耐久性に差があるとは驚きました。

 

誤解無きように言っておきますが、耐久性があるから良いスティックというわけではありませんからね。自分がやりたいプレイ、やりたい音楽にマッチしているスティックを使うべきです。

 

ただメーカーごとにこれだけの差があることに驚いたしだいです。

 

マチュアの方達は金銭的にキツイのでスティックを安さで選ぶことも多いかと思います。ただ場合によっては安物買いの銭失いになることもあるのだということをお忘れなく。

 

ご参考になれば幸いです。