読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

良いドラマーになるためのブログ

【プロドラマー・ドラム講師たいこもちのブログ ドラムネタは意外と少ないかも】

ライブでした^^

昨日(4/22)新宿の御苑サウンドでTHE LIBERATION*1のライブがありました。

 

今回のセットリストも新旧織り交ぜて盛りだくさんの内容でしたが、特に力を入れたのがアルバム「Frontiers」に収録されている「Troubled Child」。

 

これは本家のJourneyが2月の武道館で大コケしテレビで放送されなかったといういわくつきの曲。きっちりと本家に代わりリベンジ演奏してきました。敵(かたき)はとったぞー(笑)。

 

ま、そんなこんなで定番曲、そうでもないレア曲など織り交ぜつつ全21曲、ガッツリ演奏してきました。

 

今回のセッティングはこんな感じです。

f:id:taikomochi1019:20170423021023j:plain

f:id:taikomochi1019:20170423021036j:plainいつもは4タムセッティングにするのですが、ここのライブハウスのドラムは元々小口径のタムがセットされているので8インチのタムだけを追加して3タムセッティング。

※普通のライブハウスの場合は8インチと10インチの2つを追加します。

 

最近定着してきたスプラッシュとベルは定位置の中央に並べてセット。ベルはやっぱり大きいサイズのものも欲しくなってきました。ただ、買うのはいいけれどセッティングする位置を考えなきゃだな。

 

16インチのクラッシュシンバル(ドラマー正面)はこれまた最近定番の逆傾斜セッティング。ドラマーから見て向こう側に傾斜させてセッティングしてあります。こうすることでシンバルの高さをかなり低くセッティングすることが可能となります。

 

ライドシンバルは少し高めの位置にセットしました。こうすることでトップのマイクで音を拾いやすくなります。

 

足元はいつものツインペダルです(DW9002)。

※ただ今年中にはMDD2に乗り換えたいと思っています。なんといってもデザインがかっこいいし機能も充実している。ダイレクトドライブにも興味があります。

 

スネアもいつものそうる透モデル。値段の割に非常に音が良いです。ライブでもレコーディングでもこればっかり使っています。「最初にどのスネアを買ったらいいかな」と迷っている方は是非どうぞ。ヘッドはちょっと珍しいメーカーでアクエリアン。あまり響かせたくないので少しきつめにガムテープでミュートしてあります。

 

スティックも毎度お馴染み「Vater Power 5B」。このライブハウスにはちょっと太すぎるかなとも思うのですが、細いと音質も変わりすぎてしまうのでこれ以上細くするのに抵抗があります。メンバーから「音がでか過ぎてうるさい」とか言われない限りは今後もこれでいこう。

 

セッティングは見ての通りタムが非常にきれいに並んでいます。是非セッティングの参考にしてください。レッスンでは生徒さんがドラムセットをセッティングすることが多いですが結構な確率でタムがガチャガチャに並んでいることがあります。正しくセッティングされていないと正しい練習ができません。叩くことだけでなくセッティングにもっと意識を向けるようにしてください。

 

*1:たいこもちがドラムを担当しているJourneyのトリビュートバンドです