読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

良いドラマーになるためのブログ

【プロドラマー・ドラム講師たいこもちのブログ ドラムネタは意外と少ないかも】

今ならきっと放送できない

昨日は雨が降っていて午前中はずっと家にいたのでHuluで何か見ようかなと思って、何の気なしに見たのがコレ。


劇場版 世紀末救世主伝説 北斗の拳


別にこれがどうしても見たかったわけじゃなくてアニメだったらなんでも良かったんです。


ただ、なんとなく「北斗の拳か、懐かしいな」と思って見てみました。


ストーリー的には原作通りではなくこの作品用にいろいろと設定を変えてコンパクトにまとめている感じでした。


一応話のつじつまが合っていたので特にその辺りは気にせず見ることが出来ました。


ただ人を殺すシーンの描写がなかなかエグくて、今ならきっと問題になるだろうなぁと感じました。


制作側が当時そのエグさを売りにしていたようで、原作者の武論尊氏はそこばかりクローズアップされるのが気に入らなかったみたいですね。


アニメに限らず昔の映画やTVドラマを今あらためて見てみるとギョッとすることが結構多かったりしますね。


今なら絶対アウトだろ、このセリフ
このシーンは今ならあり得ないわ


というのが本当に多いです。


規制のためなのか、自主規制なのかは知りませんが、過激さは減って表現がマイルドになったことは確かですね。


あと喫煙シーンなどは激減しましたけど、これなんかは時代的、社会的背景が大きいですね。


個人的には表現というものに対しあまり極度に制限がかかるのは望ましくないと感じます。


完全フリーも考えものですが、それでも基本的にはどの作品も出来るだけ自由に表現をし、それを見た者、聞いた者が自分の頭で考えて判断するというスタンスを尊重したいです。


もちろん幼い子供にあまり過激なものは見せないという配慮は必要かも知れませんが、それでも最低限に留めるべきと思っています。